2015 霧島えびの高原エクストリームトレイル

霧島えびの高原エクストリームトレイル ロング60Kを完踏してきました

c0268217_21265800.jpg


当日は雨のち曇りのち晴れのち雨&霧、強風というとんでもないお天気でした



朝5時にえびの高原ピクニック広場をスタート

まだ暗いのでヘッドランプを頼りに走ります
c0268217_21270370.jpg


コースは予想通り、林道を除いてはドロドロの山道、
ズルズルすべり、泥にはまり足が抜けなくなる→力任せに抜くとシューズも脱げそうになる、泥がシューズにつきシューズが重くなる→沢で靴、足を洗うという負のスパイラルにはまりました

c0268217_21270975.jpg


それでも第2エイドまでは比較的元気。途中でいつものように写真を撮ったり、ラン仲間さんに声掛けしながら
順調にきました。

c0268217_21271305.jpg
c0268217_21271802.jpg


ところが40K過ぎくらいから、体が重くなり集中力がなくなりました
(たぶん補給不足。エイドで出されたものだけ食べていたので、カロリー不足だったのかも・・ちなみに水分は
ハイドレーションでこまめにとっていました)

第4エイドでリタイアしようと思って20分休憩、ところが後から来たラン仲間さんから背中を押され出発
しかし、最後の12キロの登り・・。自信がない。

途中で倒れたら迷惑をかけるなどという考えが脳裏をよぎり
第4エイドを出て1kほどして戻ろうと決意。

振り返り戻ろうとすると、懸命に上ってくるランナーの姿が・・・
その光景を見て自分が恥ずかしくなり、スイッチが入り前を向きました
たぶん立ち止まったり、振り返ったりで20分はロスしたと思います

しかしスイッチが入った後はひたすらドロドロの登りに悪戦苦闘
永遠と続く泥道、弱い自分に罵詈雑言を浴びせながら、ひたすら登り

途中、何人もの方が抜いていきました。

でも自分にまけるわけにはいかない

制限時間を過ぎてのゴールは想定内。
きりしまエクストリームのPVに出るかもしれない(毎年制限時間外でゴールする方の映像が出ます)

などわけのわからないポジティブモードに。

そうしているうちに、後方から「コウスケさーん」という声が

ラン仲間のSさんでした。Sさんいわく「ぎりぎりで制限時間に間に合いそう」という言葉で
元気が出ました。Sさんにひっぱられ

やっと泥道からも解放され林道に。

ここからは不思議と走れました。(白鳥山までの登りはのぞく(^_^.))

誘導員のボランティアスタッフさんの「あと〇〇キロ」という声も励みに


最後の下りでは、会場からアナウンスと音楽が聞こえます

時間を見ると制限時間には余裕で間に合いそう

気分が高まりました。

第4エイドでリタイアしなくてよかった、

第4エイドで背中を押してくれたラン友さん、懸命な顔で登ってきたランナーさんに感謝
(スイッチを入れてくれた)

自分でも完走できるぞ!

というさまざまな想いが頭をよぎりながらのゴールでした

今回初めてのトレランレースしかもロングで、いろんな経験、学習をしました

また来年、霧島えびの高原エクストリームトレイルにチャレンジします。



最後に、今回素晴らしい大会を運営下さった
大会関係者、ボランティアの皆さま。

声かけや、励まして下さったラン友の皆さま
ともに泥んこと格闘した、出場ランナーの皆さまに感謝申し上げます

c0268217_21272288.jpg


俺チャレはまだまだ続く・・・。
ご期待ください(^_^.)
[PR]
# by jm6fmw | 2015-07-21 21:17 | ランニング

伊万里ー平戸ウルトラジョグトリップ

伊万里、平戸往復走ってきました。
厳密に言うとラン&ウォーク&松浦鉄道(^-^)
夜中1時に伊万里駅スタート


国道沿いに今福まで。そこからは旧道に入り峠越え。噂ではお墓が多く恐いルートと聞いていたのですが、怖くありませんでした。
ただ今回は参加者が少なく、夜の街灯もない山道を一人で走る場面がありルートを外していないか心配になり、Googlemapを見ながら走りました

便利な世の中(^^;

真っ暗な夜道をヘッドライトの灯りを頼りに走っていると感性が研ぎ澄まされてきます

草木の臭い、虫、蛙の合唱が心地よく聞こえます。残念ながら周りの景色は見えません

しかし夜が明けて来ると、田んぼのなかを走っていました

c0268217_10310338.jpg
c0268217_10310607.jpg



松浦のエイドでは、親子で野菜スープをサービス。朝早くからお手伝い偉いなあ。中学生かな
c0268217_10311099.jpg


お陰で生き返りました❗
有難うございます\(^^)/

今回のコースの目玉、平戸大橋を渡ります
橋の上は予想とおり強風が

c0268217_10311359.jpg


大橋の辺りで先行されているランナーのかたにすれ違いました。

中にはジョグトリップの幟を持って走っているかたも

平戸城の駐車場で休憩し、着替え復路に入りました。ここで主催者のあみりんさんや、チーム200のいーさんとおしゃべり
c0268217_10311796.jpg


ところが松浦鉄道平戸口駅で記念撮影しようとしたところスマホのバッテリー残量が10%
切っていました。あろうことに予備バッテリーを平戸城に忘れていました。

仕方なく平戸城まで引き返しました。お陰で平戸大橋を二回も往復できました。ラッキー
片道4キロ往復で8キロのロス。


その後東田平から松浦までワープ

今福辺りからコースを外れ、親戚の家に
c0268217_10312072.jpg


しかしあいにくの不在でした、サプライズ企画は失敗

松浦鉄道沿いに走るので駅を撮影しながらの
鉄ちゃんランになりました


c0268217_10312484.jpg


浦ノ崎から少しワープし伊万里へ

c0268217_10312827.jpg
c0268217_10313176.jpg


何とか伊万里に到着しました

c0268217_10313734.jpg


今回のジョグトリップも、コーヒー大福が
旨かった\(^^)/




[PR]
# by jm6fmw | 2015-07-01 09:52

梅雨のトレラン(バハダ2 インプレ)

梅雨に入りうっとおしい日々が続いています

そのような中、無謀にも7月下旬に開催される
「霧島エクストリームトレイル ロング」にエントリーしてしまいました
60K、霧島山系を走ります

山岳部時代1日で38キロ歩いたことはありますが
60K・・・。死ぬかも・・・(^_^.)

当初は30K部門にエントリーするはずが、エントリー画面で間違って
ポチリしてしまいました(冗談ではなく)

これも神のおぼしめし・・。運命・・
やるしかありません

GO FOR BROKEの精神で頑張ります

さてさて今日は、僕にとり2足目になるトレランシューズ
モントレイル バハダ2を実戦投入、モニターしてきました

c0268217_11403037.jpg


行先は長崎市内の烽火山。

天気予報では、午前中は晴れの予報でしたが
まさかの雨に。

モニターするシーンとしては申し分ありません
c0268217_11403314.jpg
c0268217_11403552.jpg
c0268217_11403773.jpg


これまでは、同じモントレイルのフルーイッドフィール2をはいていましたが
雨に濡れた斜面地ではバハダ2のソールは確実にグリップしてくれました

ただ防水仕様ではありまえん
水たまりに入っていないのに、濡れた草地を走破しただけで、靴の中は濡れ濡れに
ソックスもびしょ濡れになりました

これは致命的。長距離を走るときにこのような状態だと、皮膚トラブルを招きます

雨天時はゴアなどを使用したものの方がよさそう

今日は雷鳴も聞こえてきたため5キロほどで引き返しました(^_^.)

また今回はゲイターも久しぶりに投入。
またレインジャケット(モンベル ストームクルーザー)
着て走りました。ゴアのせいかあまり蒸れませんでしたが、かさばる・・・。
c0268217_11404097.jpg


今回は短距離しか走れなかったので今度は20Kほど走りに行きたい(^_^.)
c0268217_11404272.jpg


[PR]
# by jm6fmw | 2015-06-15 11:16 | ランニング

橘湾 スパーマラニック 春のステージ

5/5日に行われた2015橘湾スーパーマラニック80K部門に出てきました

前日は所属するランニングクラブの前夜祭、熊本、鹿児島、佐賀、福岡県のメンバーがあつまり
チャンポンローディング。2次会会場に行く途中、大分のメンバーさんが偶然通りかかり声をかけて
いただきました。そのまま合流して思案橋にのみに行けるとよかったのですが、翌日午前3時起床だったので
挨拶&記念撮影のみで別れました。僕は別府出身なので故郷のメンバーに会えたことがうれしかった

さて、その夜はなかなか寝付けず睡眠時間が3時間しかとれませんでした

大会前の一人マラニックで右ひざを痛めており、不安の中のスタート

天気は快晴、夜明けの水辺の森公園をスタートしました

途中鍋冠山の展望台でチェックシートをパンチング、ここから見る長崎市街地は
素晴らしいものがあります。10年ほど前に一度来たことがあるのですが、近くに住んでいながら
なかなか登る機会がありませんでした

田上に通じる坂道であえいでいると、福岡在住長崎出身のランニングクラブの方が応援に来てくれていました
パワーをいただき茂木へ

今回もMさんと並走、お互い写真をとりながらのランとなりました。Mさんの走力は大したもので
フルでもサブ3.5を狙える実力の持ち主。ひそかにライバル心を燃やしています(#^.^#)
日見CPまでゆっくり行っていたら、関門に間に合わないことが判明焦りました

日見CPでは55キロ組と合流。昨日行ったチャンポンローディングメンバーさんと合流しお互いの健闘をたたえました

ここからは昨年走ったコース。ジャガイモ畑の中を、右手に橘湾の景色。青い海と空、光輝く海、その向こうでは雄大な雲仙普賢岳、車で移動しているときなど
いつも見る景色なのですが。ことさら美しく思えました。何度立ち止まり

この大会はエイドも充実しており、おかゆ、おはぎ、杏仁豆腐、冷やしぜんざい、おにぎり、漬物などなど。ボランティアの皆さんが作っていただいて
います。走っているときは車が近づいてきて、なんと長崎が誇るニューヨーク堂のアイスの差し入れ。これには超感動
本当にボランティアの皆様には頭が下がります。僕も地元の大会なので、ボランティアで参加も検討してみようと思います

今回は途中で173K部門の方ともお話をさせていただきました。とても過酷な状況の中ひたすらゴールを目指す。その姿がとてもすてきでした
来年は173Kに挑戦予定。

ゴールまでは、心配していた右膝痛もなく走ることができました(歩きも含む)

こうして今年の橘湾はおわりました

最後にこのような素晴らしい機会を与えてくださった、大会関係者、ボランティアの皆さん、に感謝申し上げます

来年は173Kにでるぞ!(#^.^#)
[PR]
# by jm6fmw | 2015-05-15 11:00 | ランニング

烽火山、彦山にお散歩

今日は天気もよく、長崎近郊の山にスピードハイクに行って来ました。
コースは浜町ー片淵近隣公園ー健山ー烽火山ー武功山ー本河内ー豊前坊ー飯盛神社ー田手原ー浜町でした。
烽火山は七年前に七面山から登っています
コースも整備されており、最高のトレイルでした。
c0268217_14275876.jpg
c0268217_14275971.jpg
c0268217_14380858.jpg

今回は体力もついたのか余裕がありました
本河内に降りたのですが、物足りなく、そのまま彦山に。
ここはかつて信仰の山で、至るところに お不動さんやお地蔵さまがありました
c0268217_14380809.jpg
c0268217_14380994.jpg
c0268217_14380902.jpg
c0268217_14380940.jpg

圧巻だったのは豊前坊。ここでは、久しぶりに感じるものがありました(^-^)彦山は階段がなかなかの曲者でした(^-^)

今回の山行きで思ったこと。
①現在履いているトレランシューズはグリップ力が足りない
②山ではランニンググローブは非力。登山用のグローブがよい
③今回のコースはとても走り易かった。定番トレーニングコースにしよう(^-^)

[PR]
# by jm6fmw | 2015-03-02 14:08