2012 宮崎青島太平洋マラソン

昨年に続いて行ってきました
宮崎青島太平洋マラソン

今年もアミノバリューランニングクラブ長崎の
バスツアーで行ってきました。片道5時間・・・
宮崎は遠い

前日に宮崎入りで、前日受付しました
夜はランニングクラブのメンバーと
お食事。宮崎のチキン南蛮、地鶏の炭火焼き
そしてカーボローディングでパスタを食しました

その夜は夜中の2時に目が覚め、眠れず・・・
翌日イベントがあると眠れない性格なんです
(遠足前の小学生か?>自分)

さて当日は朝6時にホテル出発、会場に向かいます
気温は寒いものも天気はいいみたい

9時スタート前に、仲間と軽くアップしました

その間にも続々とランナーが集まっています

いよいよスタート
ゼッケン順に並ぶのですが、自分は後方のほうでした
号砲がなって空には取材のためかヘリが低空飛行。みんな手を振って盛り上がって
いました。この大会、参加者1万2千人そのうちフルは9千700人だそうです
号砲がなり、スタート地点からスタートできたのは9分後でした

僕にとり今回のテーマは「痛くなく楽しみながら走る」でした
昨年は25キロすぎから右ひざ、股関節が痛くなり悲痛なはしりだったので・・・

最初の5キロは、人が多くとにかく走りづらかったのですが、国道では走りやすかったです

今回はGPSウオッチを持っているのでペース配分が楽でした

10キロすぎてトイレに行きたくなりました。国道沿線で立ちションしていた人もいましたが
どうかな・・・・

15キロ地点で小学校のトイレにはいりましたが、大渋滞で15分ほど時間ロス。待っている間
ストレッチを行います

気をとりなおし、再スタート。
c0268217_14115298.jpg


今年も沿道には、高校生ボランティアや多くの市民ボランティアの方がいました
彼/彼女たちの存在は勇気づけられます。給水の手伝いはもちろん声援やハイタッチしてくれたり
してその数は半端ではありません。合唱で励ますグループもいました
c0268217_1451374.jpg



一方家族で応援してくれる人も・・・。自宅で作ったと思われるチョコパンを配っていたり、3歳くらいの子が
「ミルキーどうじょ」と言ってくれた日には、思わず抱き上げて頭をなでたくなりました

25キロを過ぎて右ひざの調子がわるくヤバイと思ったのですが、ここでも救世主市民ボランティア登場
エアーサロンパスをお借りしCWXタイツの上からシュー。そうするとあら不思議。痛みは消え去りました
ありがとうございました>おばちゃん
c0268217_1461527.jpg


こうして33キロ地点まで到着。いよいよこの大会の売りのトロピカルロードへ
右手に太平洋と青島を見ながらはしりますが、一番きついところでもあります
c0268217_1473820.jpg


ここで「がんばれ!アミノ」との声援が・・・道端には同じアミノバリュークラブのTシャツを着た見ず知らず
の方が・・・。そうなんですアミノバリューランニングクラブは全国にあるので、各地からクラブで参加しているので、連帯感が生まれます。ほかの県のクラブでも、オレンジのキャップとTシャツを見たらラン中でも「がんばれアミノ」とか「アミノナイスラン」など声を掛け合います。見ず知らずの人にですよ

自分はラン中、アミノメンバー(ランナー)には積極的に話しかけています。今回も35キロすぎ(一番きつい)ときに前方を走っていたアミノ美ジョガーに話しかけ意気投合。ナンパではありませんよ(笑)37キロ地点で、これまた大会名物日向夏ゼリーを食しました。昨年度は品切れで食べれなかったので、今年は2つもゲット
c0268217_1481325.jpg


今回は給水、給食では、バナナ、アンパン、日向夏、黒砂糖などを配っています。エネルギー切れが怖いので
積極的にとりました。やはりフルでは給水はもちろんエネルギーをいかにとるかが、ポイントだと思います
c0268217_14124661.jpg


そうこうしているうちにゴール地点のサンマリンスタジアムへ。フォトクリエイトやMRTが写真とっているので、少し意識して両手をあげてゴールしました

結果はネットタイムで4時間39分でした。

自分の時計でトイレ休憩分をのぞくと4時間25分でした

そして最大の収穫。テーマは達成。昨年はゴール後足の痛みで歩くこともままならなかった
のですが、今年は楽に歩けました

今年も天気に恵まれ、多くのボランティアに励まされ助けられ完走できました
[PR]
by jm6fmw | 2012-12-10 14:02 | ランニング
<< nexus7購入 Barbour >>